先端ナノ計測センター

本センターは、文部科学省事業として採択された「低炭素社会構築に向けた研究基盤ネットワークの整備」の一環として、総長を拠点長とする「東京大学先端ナノ計測ハブ拠点」設置の受け皿として、平成23年度に設置された。また、文部科学省事業「ナノテクノロジーに関する研究設備の全国的な共用体制を構築する『ナノテクノロジープラットフォーム』」の実施機関として活動を行っており、数多くの世界最先端分析機器群が全国共同利用に供されている。

先端ナノ計測センター

先端ナノ計測センター 柴田 直哉

先端ナノ計測センターは、文部科学省平成21年度第二次補正予算「低炭素社会構築に向けた研究基盤ネットワークの整備」事業において設立された東京大学先端ナノ計測ハブ拠点の管理・運営を行っている。東京大学先端ナノ計測ハブ拠点では超高分解能電子顕微鏡をはじめとする最新鋭のナノ計測装置群を配備し、独自研究の推進、サテライト研究拠点のサポート及び学内外の利用者への共用化を行っている。更に平成24年度からは、文部科学省「ナノテクノロジープラットフォーム」事業にも参画し、全国規模での装置共用・微構造解析研究支援を開始している。

低炭素研究ネットワークの概要(http://www.nims.go.jp/lcnet/index.html

PAGETOP